現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
何ドル分?
MarkWagner.jpg

Mark Wagner Concerned Citizen, 2008,
Currency collage , 24 x 18 inches



細部が分かるよう、大きく載せてみました。
わかるかな?

この図柄すべて、1ドル札の模様の一つ一つを組み合わせて出来上がっています。
しかも、デジタルではありません。一つ一つ本物を切り取って構成されているんです。
上記では、お札の重なりまでわからないのが残念。

これをよーく見ていると、「1ドル札にこんな模様入ってたっけ??」と考えてしまいます。


因みに1ドル札の模様はこれ。
dollar_bill.jpg
改めてみると、シンプルなようで、意外といろんな柄で構成されているものです。

しかしこの作品の緻密さには感服します。
他にもこのシリーズ、たーーーくさん作ってます。

Mark WagnerMark Wagner
(left) Mark Wagner,Bout, 2008
(right) Mark Wagner, Buying the Brooklyn Bridge, 2008


アーティストであるマーク・ワーグナー曰く、
1ドル札はアメリカで一番どこにでもあるものだ。こうやってコラージュ(組み合わせて一つものもを作ること)することで、”何か他のことはできないだろうか?”と問うているんだ。
これは良くできた素材だ。--頑丈な麻にしっかりと印刷されていて、繊細な装飾で覆われており、且つ、象徴とコンセプトに溢れている。カッターとノリがそれを変身させる。タペストリー、ペイント、版画、モザイク、コンピュータのような効果を作り上げているんだ。一風変わった、美しくて信じられないもの、親しいものの中にある異質なものを求めているんだ。」
"The one dollar bill is the most ubiquitous piece of paper in America. Collage asks the question: what might be done to make it something else? It is a ripe material: intaglio printed on sturdy linen stock, covered in decorative filigree, and steeped in symbolism and concept. Blade and glue transform it-reproducing the effects of tapestries, paints, engravings, mosaics, and computers-striving for something bizarre, beautiful, or unbelievable... the foreign in the familiar."
(reference: Smoke in my dreams -Statement on collage with currency)




参考サイト
Smoke in my dreams
・Pavel Zoubok Gallery - Mark Wargner Exhibition "My Portfolio"
[2008/10/09 21:48] | 超緻密系 | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<崩れてます | ホーム | 木が、>>
コメント
拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!
[2008/10/11 01:18] URL | サトシ #- [ 編集 ]
おもしろいね!
ほんとうに人間の発想ってどうなってるんだ-ーーーと思いました。
[2008/10/11 23:49] URL | #- [ 編集 ]
ブログ楽しく拝見しました。
おもしろくて現代アートにますます興味が
湧きます。
すこしストップしている感じですが、
再開はなさらないのですか。
[2009/04/26 22:06] URL | #- [ 編集 ]
ブログ村投票しました。

ドルにちなむ表現作品は、面白いですね。
はじめまして、イラストを描く人間です。
[2009/06/03 09:56] URL | sisi #- [ 編集 ]
初めまして。

お札のニオイも漂ってきそうな作品ですね。
[2009/09/24 08:26] URL | tan #.IHih1Q. [ 編集 ]
はじめまして。
ニューヨークに行ったときにたまたまこの作家の展示を見たことがあります。
日本ではお札をこのように加工すると、法的に罰せられるかと思います。その点をギャラリーの方に尋ねてみました。
大体の部分しか聞き取れませんでしたが、作家が自分のお金を使っているのだから問題ない、とのお話でした。
実際のところはどうなのでしょう?
そういった点もふくめ、スキャンダラスな作品だと思いました。
[2010/02/26 05:36] URL | akira #- [ 編集 ]
akiraさん、

コメント、有難うございます。

日本では、貨幣の損傷は法律で禁止されていますが、紙幣については特段取締りはないみたいですよ。もちろん、破損していいですよ、という訳ではないでしょうけども。
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1255564630560.html
アメリカはどうなのでしょうね。

確かにそういう意味でもスキャンダラスかもしれませんね。
[2010/03/02 09:18] URL | ラサ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://contemporaryart.blog34.fc2.com/tb.php/42-1af5b4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。