現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アートフェア
thearmoryshow_1.jpg

3月27日から30日にかけて、ニューヨークではたくさんのアートフェアが開催されていました。

アートフェアとは、世界中からギャラリーが集まり、それぞれのギャラリー毎にブースを持って作品を売るイベントのことです。例えるならば、幕張メッセで開催されているゲームショーやモーターショーのアート版です。

その中でもニューヨークで一番大きな規模を誇るのが、the armory show
世界で2番目に大きいアートフェアです。(一番は、スイスのart basel

thearmoryshow_2.jpg朝から長蛇の列で、一時は、混みすぎのため入場制限。期間中5万人程度が足を運びました。

このアートフェア、どんなギャラリーでも参加できるわけではありません。
それぞれのアートフェアにはそれぞれ審査委員会(commitee)があって、応募されたギャラリーの中から一定のクオリティーを満たすものを選び出します。

the armory showと、art basel はその中でもクオリティーの高い有名ギャラリーのみが参加できることで有名で、ここに参加できたギャラリーには、ある意味、箔が付くことになります。

thearmoryshow_3.jpgアートの業界における、「ギャラリー」の位置づけを説明すると、
音楽業界に例えるならば、芸能プロダクションのようなものです。それぞれのギャラリーには所属アーティストがいて、新しい作品を制作するとギャラリーがその販売プロモーションを主に行います。
だから、審査の内容は主に、どんな作家を取り扱っているか、ということになります。


thearmoryshow_4.jpgこのアートフェア、別に買うつもりはなく、ただ見に行くだけでも面白いです。

世界中のギャラリーが一堂に会しているので、普通なら一軒一軒訪ねて回るところが、デパートのように一気に見られます。一つ難点を挙げるならば、スペースがあんまり広くないので、展覧会ほどの迫力が出せないこと。でも、そのスペースをどんな風にうまく活用するかも、ギャラリーの腕の見せ所。



thearmoryshow_5.jpg4月には、東京でもアートフェアが開催されます。
アートフェア東京
101Tokyo contemporary art fair
ギャラリーに行くのにちょっと抵抗がある人にはおすすめのイベントです。





[2008/03/31 15:11] | ニュース! | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<書類がー! | ホーム | "異"文化>>
コメント
アートフェアは買うつもりで
観なきゃダメじゃん!!
買うつもり、もしくは実際に買う事で
満喫できるイベントなんです!!
[2008/04/12 11:50] URL | トーゴー #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://contemporaryart.blog34.fc2.com/tb.php/36-e34d7cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。