FC2ブログ
現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ミニチュア?
Olivo Barbieri
Siena(2) 2002, Olivo Barbiel


ミニチュアに見えるけど、これは本物の情景。
イタリア中部にあるシエナという町を撮った写真です。

なんで、ミニチュアに見えるかというと、ピントに秘密があります。

写真の中でも細かい部分、ここだと写真の下の方にだけピントが合っていて、他はぼやけています。
これは、人間が小さな物を見ている時と同じような状態です。自分が集中して見ているところにだけピントが合って他はあまりはっきり見えていません。そのパターンが脳に焼き付いているので、この写真を見ても、ミニチュアに見えてしまうのでしょう。

OlivoBarbieri.jpg左の写真は、ブラジルにある観光地イグアスの滝の様子。大勢の観光客が滝の真上でその情景を堪能しています。(こわそう。。。)
実物の写真も1辺1m以上あるので、自分が鳥になって地上を見ている気分です。
もっとよーく見たい方は、こちら。(←すごいよ。)

リボ・バービエリ曰く。
「全部を見せる写真の撮り方にちょっと飽きたんだ。9.11以降、世界は少しぼやけて見えるようになった。なぜなら、起こりえないことが起きたからね。私は改めて、町を見てみたいんだ。」
“I was a little bit tired of the idea of photography allowing you to see everything,” Barbieri says. “After 9/11 the world had become a little bit blurred because things that seemed impossible happened. My desire was to look at the city again.”(MetropolisMag.com-Model World-2006.1.16
Iguazu, Argentina/Brazil (IG09) , Olivo Barbiel


常に、物事を俯瞰することは大切なこと。
自分で精いっぱいだと何にも見えなくなっちゃうもんね。
[2008/03/10 22:02] | なごみ系 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<瞬間! | ホーム | 飛行場>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://contemporaryart.blog34.fc2.com/tb.php/30-8b887e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。