現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アトムおじさん
yanobekenji.jpg
Torayan, Kenji Yanobe, 2004
トらやん、ヤノベケンジ


黄色いアトムスーツを身にまとった、バーコード頭にちょび髭のおじちゃん。
何か、かわいい。

このおじさんは腹話術の人形で、アーティストであるヤノベケンジのお父さんが定年退職後に購入したもの。定年後に腹話術を始めたお父さん。ある日、お父さんは、この人形をバーコード頭に変え(上の写真では光ってしまっていて良く分からないかも。。。)、ちょび髭を生やさせ、タイガースのユニフォームを着せていました。

これをを面白く思ったヤノベケンジが、この人形を”トらやん”と命名。その後、ヤノベケンジの作品に登場することになったらしい。

この宇宙服のような黄色い服は何かというと、
ヤノベケンジが、チェルノブイリの跡地を回った際に直用していた、放射の防護服をミニチュアにしたもの。彼が多くの作品に共通してテーマにしているのが、未来を生き抜くための「サバイバル」。

チェルノブイリの遊園地・保育園・軍用車などの残骸を回り、このスーツを着用した自分とその風景を写真に撮ったシリーズは、「アトムスーツプロジェクト」と呼ばれています。現実の廃墟のすさまじさを表現した作品です。

この放射能防衛服の実物は、小さくて、3歳児用サイズ。
放射能に汚染された未来においても、子供達が楽しく遊べるように。。。
そんな思いがこの作品には込められているようです。

かわいいちょび髭のおじさん。展覧会場では、陽気な歌を歌っています。
子供に楽しさ・わくわく感を与え、同時に大人には現実を突きつけられる、そんな作品に感じます。

いま、ニューヨークの国際写真センターに日本人作家の一人としてヤノベケンジの作品が展示されています。
やっぱり現代アートは、もう少し背景の説明があった方が楽しめるのになぁ、と感じました。。。


参考サイト
ヤノベケンジ展「トらやんの世界」 霧島アートの森
ヤノベケンジ展 「トらやんの大冒険」 札幌宮の森美術館
Heavy Light: Recent Photography and Video from Japan 国際写真センター
スポンサーサイト
[2008/05/28 09:52] | なごみ系 | トラックバック(0) | コメント(1) |
だるまさんと村上さん
目を見開けど実景は見えず。ただ、己、心、凝視するばかり也 I open wide my eye but see no scenery. I fix my gaze upon my heart. 村上隆
目を見開けど実景は見えず。ただ、己、心、凝視するばかり也
I open wide my eye but see no scenery. I fix my gaze upon my heart.,
Takashi Murakami, 2007

今、村上隆の回顧展©MURAKAMI が行われています。
去年の10月末にロサンゼルス現代美術館(MOCA)から始まり、ニューヨーク ブルックリン美術館、フランクフルト 近代美術館、スペインのビルバオ グッゲンハイム美術館と回ります。(日本に行かないのは残念。)

1991年からの主要な作品が一堂に会し、村上隆の変遷が見られる展覧会。
プリントや図版では何度も目にしたことがあったものの、実物を見るのは私も初めてでした。
思った以上にすべて巨大でビックリ。

上の絵は、その中でも一番新しいもの。だるまさんシリーズの一つです。
242.6 x 281.9 cmと大きなもので、細部をよーく見ると眉毛がピンクで縁取りされていたり、目がカラフルだったりと、古典的な日本画の中にもイマドキな空気が流れています。カッコいいです。

727 村上隆もともと、東京芸大の日本画の博士課程出身。と同時に、日本のアニメにも強い関心がある村上隆。そのため彼の作風の特徴は、

「オタク&アニメ文化」+「日本画的要素」

この二つの共通点は、SUPERFLAT(スーパーフラット)だ!、と提唱したことでも有名です。

727, Takashi Murakami, 1996

どういうことかというと、日本画、たとえば平家物語の絵巻では、遠近法が使われておらず、全てが"平面"に、同時多発的に描かれています。一方、マンガも一コマずつ枠で囲まれてはいるものの、ページ全体でみると全てが"平面"に描かれています。

つまり、どちらもフラット。スーパーフラット。というわけです。
高額で取引される現代アートには、ウンチクが必須。村上隆は、小さな日本市場で売れることよりも、大きな市場のある欧米で受け入れられることを意識していたので、どんな提唱をすればウケルのかを徹底して考えていました。スーパーフラットは彼の代名詞というほど、欧米にウケタのです。

eye love superflat 村上隆右のヴィトン。結構多くの方がこの柄を目にしたことがあるのではないでしょうか。

カラフルなモノグラム。これも彼がデザインしたものです。

村上隆はオタク文化を欧米に紹介するのと同時に、広く多くの人にアートに親しんでもらいたいという思いも持っていました。



eye love superflat (white), Takashi Murakami

ヴィトンとのコラボレーションは、商品を通して、より多くの人の目に触れ、アートに関心を持ってもらうきかけになればいい、という思いから来ています。

この他、六本木ヒルズのキャラクターだったり、そのキャラクターのグッズだったり、精力的に、「多くの人の目に触れる、かつ買える」制作活動を行っています。

達磨図 河鍋暁斎・市場は、日本じゃなくて欧米!
・多くの人の目に触れるグッズの制作

と、あまりこれまでの日本人のやってこなかったことを大々的にしているだけに、商業的すぎる!などと、国内での彼への風当たりは強いものがありました。
(今となっては、十分結果を出しているのでもう誰も文句は言えないでしょうけれども。。。)

達磨図、河鍋暁斎

一番最初にご紹介した絵は、もともと左の日本画をもとに描かれたものです。

村上隆はこの暁斎の達磨図を見たときの様子をこう語っています。

「その達磨絵は、観れば観るほど阿保らしい絵なんです。まず大きすぎるし、きっと当時の突飛なクライアントが暁斎につくらせたけれど、そのうち貰い手もなくなり、流れ流れてプライスコレクションに行っちゃったのかな・・・・・と。でもある種、日本人のスケールを超えた突飛な絵とも言えそうで、そこに、やはり日本で受け入れられない絵を描いている自分を重ね合わせたところにビジョンがくっついた。」
(ARTiT No.17 村上隆インタビューより)

村上隆が、日本の存在感を現代のアートシーンに印象付けたのは紛れもない事実であり、その成果は大きいものだと思います。(日本の影、ほんと薄いですからね。いいもの、たくさんあるのに!)
ぐいぐい前に打って出るのが苦手な日本人は、そうできる人が羨ましいのかも知れません。
自分の良さをひたむきに伝えようとすることは、悪いことじゃないと思います。もっと前へ前へ!が今の日本には足りないのかも知れません。

横並びなだけじゃない、突飛なものも受け入れられる日本であるといいな、と感じます。

参考サイト
©MURAKAMI
[2008/05/02 21:28] | 超緻密系 | トラックバック(1) | コメント(4) |
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。