現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
親子
Patricia Piccinini
Nest, Patricia Piccinini, 2006

バイクの親子。

Patricia Piccinini微笑ましい絵ですね。見ていてなごみます。

これはオーストラリアのアーティスト、パトリシア・プッチニーニの作品です。
”自然”と”人工”の境界線をあいまいにする作風が特徴です。

バイクのフォルムやミラーの優しい曲がり具合が、本当に生きているかのように思わせます。


以下、パトリシア・プッチニーニの言葉(Yvon Lambert Press Release  抄訳)

この作品は、19世紀の絵画や現代のドキュメンタリー番組で見られるような、動物の高潔さを描くことから発想を得ています。工場の中で定義される平凡な乗り物のイメージを取り払い、「野生の動物」の一員であるかのように想像を掻き立てられます。それによって、このバイクに対して共感が湧き、いつものように簡単には操れる対象物ではなくなります。

Patricia Piccininiこちら左も、かわいらしい。

文章の表現でも、擬人法(人間でないものを人間になぞらえて表現すること)がありますが、視覚的に行うと、このようになるのでしょう。

どうですか?バイクに癒されましたか??

Thiker than water, Patricia Piccinini, 2007



参考サイト
Patricia Piccinini
・Exhibition at Yvon Lambert New York
スポンサーサイト
[2008/02/29 11:39] | なごみ系 | トラックバック(0) | コメント(0) |
注目すべきは?
Thomas Struth トーマス シュトルート
Hermitage 1, St. Petersburg, Thomas Struth (2005)

黄色の服のおばちゃん、すっごい険しい表情。
あまりに真剣なので、何考えているんだろう。。。と気になります。

その視線の先には一体何があるんだーーー?!



これは、トーマス・シュトルート(Thomas Struth)の写真作品。
大きさも、縦116cm x 横147cmと、かなり大きい。
えっ、これも作品と呼べるものなんだ、と驚くかもれません。

これはマドリッドにある美術館の中です。
おばちゃんたちの視線の先には、17世紀を代表する宮廷の肖像画家ベラスケスの作品があります。
エルミタージュ美術館の回顧展を機に、マドリッドにやってきました。
二人とも、解説を聞きながら、かなり真剣に見入っていますね。
何を感じ取っているのだろう。。。

その他トーマス・シュトルートは、こんなものも作品として発表していて、『美術館の観客シリーズ』と呼ばれてます。
Thomas Struth トーマス シュトルートThomas Struth トーマス シュトルート
(left)Hermitage 6, St Petersburg, Thomas Struth
(right)Audience1(Quasireligiose Andacht In Museum) Florenz2004, ThomasStruth

美術館に行って、作品に目を向けても観客にはなかなか目は行かないですよね。

「私たちは美術館で"何"を見ているんだろう」ということを問いかけている作品です。


ところで、一番上のおばちゃんたちの写った写真だけをみたのでは、
この作品がどこに注目してほしいのか、いまいちわからない。

作家単独の展覧会でない限り、大概上の作品は、世界中バラバラに展示されています。
だから、一つだけ見たのでは、おばちゃんに注目してるのか、影の女性に注目してるのか、
何がいいたいのかいまいち分かりません。

これも現代アートをワカラナクしている原因。

現代アートの作品は、単独よりも、アーティスト単位で見たほうがよっぽど分かりやすいのです。

そして、このアーティストが観客に注目していると覚えていると、またどこかで新しい作品に出会った時に、あっこれトーマス・シュトルートだ!とマニアな発言ができるわけです。
そのアーティストのネタを知っていると、面白くなるのです。

[2008/02/27 20:14] | 笑える系 | トラックバック(0) | コメント(0) |
余裕な人
Li Wei リ ウェイ
Bright Apex No.2, Li Wei, 2007

この方、めちゃくちゃ余裕あります。そこでくつろがなくてもいいのに。。。
すごく、笑える。


これは、中国人アーティスト、リ・ウェイのパフォーマンスを写真に撮ったもの。
自分でせっせと街頭によじ登り、撮影されています。体を張ったパフォーマンスで有名な人なのです。
とはいえ、本当は命綱とかそういうものも使っていて、撮影後で消されています。


その他、体を張ったものにこんなものもあります。
Li Wei リ ウェイLi Wei リ ウェイ
left: Li Wei Falls to the Ice Hole(2004),  right: Never Say Failure No. 1(2007)

じゃあ、どんな思いでこんな笑えるパフォーマンスをまじめにやっているのか?


彼は、頭から大地に突き刺さっているパフォーマンスについて、次のように語っています。

「他の惑星から地球に落ちてきたら、そこが中国であろうとどこであろうと、やさしく幸せに着陸できること無い。そしてこの頭から先に何かに落ち、足もとが不安定な感覚は、誰にでも身に覚えのあることだ。だから実際に他の惑星から落ちてくる必要はない。」
(原文Eli Klein Fine Art より)

つまり、新しいものに出会った時の”衝撃”と”不安”を表しているのでしょう。

急成長する中国の中で、その郊外が急激に変化していく”衝撃”と”不安”です。



うーーーん。納得できますか?


正直そこまでのことは表し切れてない気がしちゃいます。
笑いの衝撃の方が強い気が。。。

[2008/02/25 14:29] | 笑える系 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バナナ臭
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター
Installation view, Stefan Sagmeister,
Things I Have Learned In My Life So Far,
@Deitch Projects 76 Grand Street, January 31 - February 23, 2008

どーんと、おおきなサルです。

その左手奥。焦げ茶色に見える壁の正体は何でしょう?


答え。
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスターバナナ、です。 サルとバナナ。定番の組み合わせ。

リアルバナナなので、あたり一体バナナ臭が漂ってました。





Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター展覧会の開始時(つまりバナナが傷む前)、実は右こんな風になっていました。


"SELF-CONFIDENCE PRODUCES FINE RESULTS"
(自信は良い結果を生む)

ステファン・サグメイスターは、オーストリア出身でニューヨークを中心に活動している世界的なグラフィックデザイナー。ローリングストーンズのCDジャケットを手掛けたことでも有名です。彼の創る文章のメッセージには、グラフィックデザイナーとしての彼の考えが表れているように思います。


今回の展覧会では、「見た人と強く繋がりを結ぶことのできるもの」を選んで展示されてありました。
例えば、こちらのアリゾナで撮影された作品。
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター
TRYING        TO LOOK      GOOD      LIMITS      MY LIFE
(良く見せようとすると、自分の人生を制限することになる)
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター
右の上の段のメッセージは、
EVERYTHING I DO ALWAYS COMES BACK TO ME
(私のしたことは、全て自分に返ってくる)

モノを使ってメッセージを描くところは、バナナの壁と共通していて、彼の作風の一つでしょう。
もっとご覧になりたい方は、YOUTUBE必見です。

Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター展覧会にはなかったのですが、スゴ!と思ったものをもう一つだけご紹介。

左の写真はAdobeのコンテストの広告なのですが、このトロフィーは、コーヒーでできています!!

ひとつひとつ、紙コップにコーヒーを注ぎ、牛乳で濃度を調節。
結構時間がかかったので、最初に注いだ方の紙コップがふやけ始め、悲惨なことになったそうです。


こういうことをマジで一生懸命やってるのって、いいですね。



参考サイト
・Deitch Project Stefan Sagmeister Things I have learned In My Life So Far
[2008/02/21 00:24] | 奇抜系 | トラックバック(0) | コメント(1) |
デザインとの違い
Ryan Mcginness ライアン マクギネス
EVOLUTION IS THE THEORY OF EVERYTHING, Ryan Mcginness


私の大好きな、ライアン・マクギネスの作品。デザインぽい、ですよね。


アート、デザイン、広告。


この3つは違うようで、同じようで。。。

よくそれぞれの世界のトップを走るクリエーターの方はその"違い"について
切々と語っているのを目にします。

でも受けてからすると、「あ、これは広告だから」とか、「これはデザインだから」などと区別して見ることはないですよね。

大して違いなく受け止めている、というのが正直なところではないでしょうか。


それぞれ、誕生した歴史は違います。

アート →宗教画。歴史の記録。
デザイン→機能あるものの形
広告  →モノを宣伝する

でも、現代となってはどれも「人間」をテーマにした創造物のように思います。

アート →人間の感情、人間の活動を表現
デザイン→モノを通して人間に楽しみ・安らぎを与える
広告 →人間の共感、気づきを商品と繋げて表現

それぞれ発端は別だったとしても、今それぞれの領域の垣根は低くなっています。


ただ、一つだけ、アートが他と違うところ。
それはマスに相手にされているかどうか。

理論上、アートはみんなのものです。
でも出来上がった作品がどれだけの人に閲覧されたかを比べると、アートは圧倒的に少ないのではないかと思います。

デザインや広告は大量生産社会、マスメディアの登場によって、多くの人に触れられ、同時に磨かれてきた、クオリティーを上げてきたと感じます。

アートは、そのチャンスがなかった。
人が足を運ばなければ見れない、という物理的なことが大きな原因ではありますが、
もったいないことです。

大金持ちには相手にされているものの、「アートはデザインや広告とは全く別物なのだ」とちょっとひねくれてしまった感さえします。

そんなアートにもチャンス到来。インターネットです。
インターネットではビジュアルが世の中を駆け巡ります
もちろん本物の迫力にはかないませんが、「本物を見たい」、「おもしろそう」という様相だけでも伝わります。
著作権諸々ありますが、今後、インターネットがアートの世界を大きく変えてくれることでしょう。


アートが教室の端のにいるひねくれ者から、みんなの前に出てきてくれることを期待しています。



[2008/02/17 20:23] | デザイン系 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| 次のページ
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。