現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
持ちネタ


intimacy, Victoria Campillo


いろんな洋服が並んでいて、一見、ベネトンの広告のようですが、
こちらも作品です。

一つのコマを拡大すると、このようになっています。


アメリカの旗の柄の手前に、Jasper Johns という名前。


敗れたパンツの手前に、Lucio Fontana という名前。


白いエプロンの手前に、Rirkrit Tiravanija という名前。


名前は全て、アート史上とても有名な方々です。
そして、服装は彼らの作品を象徴するモチーフになっています。


一つ目のJasper Johnsは、アメリカの国旗をモチーフにたくさん絵を描きました。
(Jasper Johns と google image すると他にも出てきますよ。)
jasper-johns-flag.jpg
Flag Jasper Johns,1954-55

国旗というアメリカ表す記号を絵として描くことで、
いつも記号として見ている国旗を絵として見て見よう、
という視点を鑑賞者に与えました。
後に、ウォーホルがスープ缶のような身近なものを絵として書いて作品にする
ポップアートっていう流れに影響を与えたとして、評価されています。
過去、日常の記号的なものを絵に描いた人はいなかったので、その意味でも
当時は画期的だったのです。詳細を見ると、様々な色が塗り重ねられていて凝っていますね。


2つ目のFontanaは、キャンバスを破った作品で有名な方。
lucio fontana
Lucio Fontana, Spatial Concept "Waiting" 1960,
上に絵を描く土台であるはずのキャンバスを切ってしまい、それを作品とするだなんて。なんて斬新。
という具合に新たな表現方法の開拓者として評価のある方です。

3つ目のrikritは、ギャラリー内で料理をしたことで有名な方。
rikrit
Rikrit Tiravanija, activating space

マジで料理したんです。
ギャラリースペースで料理を作って、観客にふるまったのです。
そしてこれは作者と観客が関係性を持ちながら成り立つアート(リレーショナルアート)の先駆けだったのです。

それぞれの作品の題材は、お笑いに例えるなら、芸人のもちネタのようなものです。
他の人とは違う自分の持ちネタ(スタイル)を、一つでも確立できれば、いいのです。
一方、過去のネタとかぶってはいけません。(=評価されません。)
一番上の作品はアート史上のネタを洋服に置き換えて、ずらっと並べているのです。


アートの世界では、「アートの文脈に則って作品を作ることが求められる」ということが言われるのですが、それはつまり、「過去の芸人たちのネタを知った上で、自分にしかできないネタを作る」ということを意味しています。

他とかぶってはいけないというのは、音楽でも、本でも、どの世界も、同じですね。

ただアートは、独自の独創性を求めるがあまり、表現形態が多岐に広がっていってしました。
大昔は、絵画や彫刻だけが美術と捉えられていましたが、デュシャン以降、「コンセプトさえ持ってれば何でもあり」の世界に突入し、写真、映像はまだ分かりやすいですが、先に述べた料理の他、踊り、音楽、科学技術、デザイン、マンガなどなど、あらゆる表現形態をアートの世界に取り込んでいって、大きく膨れ上がっていきました。

表現形態が膨らむこと自体は悪いことではないのですが、その結果、鑑賞者からは作品をどう捉えていいのやら分かりにくくなってしまったということは言えます。

今後、アートの世界がどのように進んでいくかは分かりませんが、表現形態の目新しさはもうネタが出つくしたように思います。
「何を人に伝えたいのか」ということと作品の表現形態がちゃんとマッチしていて鑑賞者を納得させることができることが、結局のところ、とても大切になってくるのだろうと思います。

スポンサーサイト
[2010/02/08 11:46] | 実は知的系 | トラックバック(1) | コメント(4) |
女の子はピンク
JeongMee Yoon
Seowoo and Her Pink Things, JeongMee Yoon, 2006


JeongMee Yoon女の子はピンク

上の写真は、韓国人写真家Jeongmee Yoonの娘、
Seowooの持ち物。(マジです。)
彼女はお洋服も、おもちゃも、アクセサリーも全部ピンクを欲しがります。

でもこれは特別なことじゃありません!
他の国の女の子も調べたら、→
ピンクでした。
キティーちゃんやバービー人形は世界中で売られ、多くの少女から愛されています。ピンクは、文化の壁を超えた少女達のグローバルスタンダードと化しています。
Emily and Her Pink Things, JeongMee Yoon, 2005

じゃあ、男の子の定番色はというと、もちろんブルー

JeongMee YoonJeongMee Yoon

left: Seunghyuk and His Blue Things, JeongMee Yoon, 2005
right: Terry and His Blue Things, JeongMee Yoon, 2005

これは、本能的に女の子がピンクを、男の子がブルーを好んだ結果でしょうか?
それとも、そういう商品しか出回っていないせいでしょうか?
子供達はもはや広告のイメージに先導されて商品を選んでるのでしょうか?

卵が先か、鶏が先か?

大人になってからも、この傾向が続いているようには思えないので、
きっと、供給者側の戦略に飲まれたな結果なのでしょう。

こんなに小さなときから広告によって先導されているっていうことは、
大人の私たちもきっと、無意識のうちに似たような行動をとっているでしょう。

あなたの好みは”本当に”自分の内から出たものですか?
それとも、誰かに刷り込まれたものですか?


参考サイト
The Pink and Blue Project
[2008/03/14 22:56] | 実は知的系 | トラックバック(0) | コメント(4) |
椅子と車輪の秘密
Marcel Duchamp マルセル デュシャン
Bicycle Wheel, Marcel Duchamp, 1913

「うーん、何が言いたいんだ?!」系アートの代表作。

彼の名は、Marcel Duchamp(マルセル デュシャン)。
アートの重要な評価軸である「どんだけ人に影響・衝撃を与えたか」という点では、
超超超超超・秀でた存在。


では、なぜか?

この作品を見て「自分でも作れるじゃん」と思った方。



そのとおり!彼はそれを狙っていたのです。


どういうことかというと、遡ること1913年(95年も昔のことです!)以下のようなことを訴えたのです。

・これもアートだ!ということは、そもそもアートって何なんだ?
 「女性を描く」、「景色を描く」、では「どういう風に描こうか」、ということが主流のテーマだった当時、その枠を大きく超え、「そもそもアートって何なのだ?」、という投げかけをしたのです。とっても本質的な問いですよね。今なお問われ続けていることかもしれません。

・誰でもアーティストになれる!
  椅子も自転車の車輪も、身の回りにある誰もが手に入れられるものです。アートはアーティストがゼロから作成し始めるのが当たり前だった当時、自由に既製品("Readymade"と呼ばれています)を利用して作品を作り上げてしまう彼の行為はかなり衝撃的だったです。

そして最も重要なのは初めて「コンセプト」を形にしたアートだということ。実際、この作品は紛失してしまったのですが、現物よりも「コンセプト」の方が大事なので、まだ椅子と自転車の車輪を持ってきて再作成してしまいました。この考え方も型破りだったのです。

面白いのは、「誰でもアーティストになれるんだ」とアートの敷居を低くすることを訴えたのに、現代となっては、この手のアートが「アートって何だかわからない」という現代の反応を招いていることです。
「身近なものを使って、一つのコンセプトを表現する」というこの方法は、今のアーティストにもよく見られ、「現代アート」のイメージでもあります。今この作品を見て、現代の私たちが新鮮味が感じられないのは当時とは状況が全く異なるので当然のことです。そしてデュシャンにとっては現代の私たちから「わからない」とされてしまうのは悲しいものの、現代のアーティスト達は確実に彼の影響を受けているということは嬉しい限りのことかもしれません。

アートを「何でもアリ」にして、より面白く(ある意味、不可解)してしまったのは、確実にデュシャンでしょう!


「業界の常識を破る」というのは、科学でも、ビジネスでも、どこの世界での共通して起こることです。そして、新しく打ち出したアイディアが次の常識となると、その立役者は伝説の人となる。つまり、アートの世界では美術館に展示される存在になるのです。今彼の作品が大切に保管されているのはそのためです。
[2008/01/26 17:06] | 実は知的系 | トラックバック(0) | コメント(1) |
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。