現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
崩れてます
Ruben Ochoa
Ruben Ochoa Collapsed(Once Extracted) , 2009
Concrete, steel, burlap, wood, dirt, 144 x 252 x 600 inches (366 x 640 x 1524 cm)


これはギャラリーの中に設営された、“人工的な”崩壊場面です。
横幅は6m以上あるので、かなり大きな作品です。

コンクリートの部分が崩れて、土が流れ出てきたようにも見えますし、
土の重さでコンクリートが左に倒されたようにも見えます。

普通、こういう展示だと作品から1mほど離れた所から眺めて、「ほほー」と鑑賞するところですが、
この作品の場合は、コンクリートの下をくぐって、裏側を見ることができます。

では、くぐると、どうなっているでしょう???


実は、こんな風になってます。↓
Ruben Ochoa collapsed
くぐっていく動画発見↓


中は全部空洞!

重たそうに見えるコンクリートの中も空洞。
自然に崩れた様に見える土の下も空洞で、凸凹も人工的に創られているのです。
また、この土も色や質感にこだわりがあるそうで、展示する場所の近くに気に入る土がなければ、わざわざ運んでくるのだそうです。



アーティストRuben Ochoaは、建築とその建築物によって分断されてしまう空間に関心があるそうです。
例えば、LAにある高速道路はその土地に境界線を形成することで、もともとのそこにあった地形以上に、経済的にも、社会的にも、人種的にもそれぞれの土地をどのように機能させるかを決定します。
Ochoaが工業素材を利用して作品を制作するのは、制作した彫刻をギャラリーという場所の中で建築物の様に見立て、建築物とそれを取り巻く環境や文化について考える彼の関心を強調するためです。
この作品"Collapsed"(崩壊)は都市と同様に彫刻の根底にある基盤を暴こうと試みているのです。
Collapsed underlines Ochoa’s interest in the physicality of space as defined by its boundaries. It also looks closely at the nature of dislocation and displacement within an urban environment. In particular, Collapsed references the geographical and the socioeconomic implications of Los Angeles’ vast freeway system. These freeway walls are demarcations that conceptually retain much more than the earth behind it as these barriers shape how the city functions in terms of economic, social, and racial divisions. Ochoa’s use of industrial, outdoor, and civil engineering materials emphasize his concern with sculpture as architecture and with architecture as a manifestation of its surrounding environment and culture. Bringing these materials into a gallery context, Ochoa intends to both connect with viewers outside the art world and question traditional exhibition strategies. Collapsed exposes the city’s as well as the sculpture’s underlying infrastructures. (text from Peter Blum press release)


余談ですが、こんな作品も売り物です。
お家にお一つどうぞ。


たくさんの方から嬉しいメッセージを頂いたので、継続してブログを書くことにしました。
皆様、どうも有難う!感謝です。

スポンサーサイト
[2009/12/10 08:38] | 奇抜系 | トラックバック(0) | コメント(6) |
1万8千人
Spencer Tunick
Mexico City 3 (Zócalo, MUCA/UNAM Campus) 2007, Spencer Tunick


寝ているのは、本物の人間です。
総勢1万8千人!

男女問わず、みんな裸。メキシコシティーの広場に寝ています。
ちょっと不気味です。

アーティストのスペンサー・チュニック(Spencer Tunick)は、このように公共のスペースや自然の中で、大勢の人間を整列させて写真を撮ることで有名です。


なんで??

スペンサー・チュニック曰く、
「僕の裸体で作品を制作しています。裸体は性的にもなりえるし、イラク囚人虐待のスキャンダルが物議を醸したように、ぞっとするものにもなりえる。あの写真を見たときに性的なものは見えないよね。
裸には、力強いものあれば、苦痛なものもあり、また、美しいものもある。
僕の作品では、体は生きた彫刻の作るための道具として繰り返し使われているんだ。人間性や体の脆さを表現するためにね。公共のスペースやコンクリートの上に並べたりして。そこには性的な意味はあんまりないんだ。」
the work is dealing with the nude, which can be sexual or it can be horrible, like the controversy with the recent [Iraqi] prisoner abuse scandal, with the nude bodies positioned in a totally horrible way. When you look at those pictures you don’t see the sexuality. There can be an aggressive naked body, a tortured naked body, or a beautiful naked body. In my work, the body is used repetitively as a medium to create a living sculpture to deal with the humanity and the vulnerability of the body, juxtaposed to the public space and the concrete world. It’s not so much sex or sexuality that is involved.
( from Cool Cleveland Interview: Spencer Tunick )

グリーンピースと一緒に地球温暖化を訴えたりもして↓
http://www.youtube.com/v/LOikDujAdTc&hl=ja

因みにみなさんボランティアです。
私も!という方、こちらからどうぞ。(5月11日にウィーンで撮影するそうですよ。)


参考サイト
Spencer Tunick
[2008/03/19 23:31] | 奇抜系 | トラックバック(0) | コメント(4) |
瞬間!
MartinKlimas_2.jpg
Untitled (Two Fighters), Martin Klimas, 2006


MartinKlimas.jpg劇的瞬間。

置物が落下し、地面に衝突し崩壊する間の、5000分の1秒を捕らえた写真作品です。アーティストのMartin Klimasは自分の納得のいく姿が写真に現れるまで、何度も置物を落下させ撮影するそうです。それは写真でありながら、立体の作品を造っているのと同じ感覚。

よくモノを落として割ることはありますが、こうして「瞬間」見るのは新鮮です。

MartinKlimas_3.jpgUntitled (blue man), Martin Klimas, 2005

Martin Klimas曰く、

私は「動き」を違った形で見せているんだ。それは静と動とが一緒に存在している、中間の状態。これが私たちの日常生活にも当てはめられて、何か考えを与えられたらいいなと思う。
I provide a way for us to see this action differently. It is an in-between state. A state where rest and motion can exist together. I hope this situation can be applied and give us thought in our everyday world.
(by The Morning News interview)

日常目にしているはずなのに、気づかずに通り過ぎているものってたくさんあるのでしょう。
Untitled, Martin Klimas, 2007


でも、なぜ人はこの作品を見て驚くのでしょう?

新しい考え方(商品、サービス)に出会ってショックを受けるのと、奇想天外なアートに出会ってショックを受けるのは似ています。
それはこれまで自分の中に無かったモノの考え方、軸で、物事を捉えているからです。

人間はたいてい主体的に人生を生きているので、客観的に振り返ることはあまりしません。でも客観的に物事を見ることは大切なことです。特にこの能力が必要となるのは何か困難・悩みがあり、それを乗り越えたいとき。困難・悩みがあるときは人間、主観の塊です。
こういう作品は、日常から少し離れて、現状を客観的に見るためのきっかけになると感じます。
っていうか、これは、アート全般、芸術(音楽、文学、など)全般に言えることかもしれないですね。
どれだけ客観的な軸を持ち、他と違ったモノの見方ができるかで、人生をより豊かに生きられるようになるのではないかと思います。

ですから、たくさんショックを受けましょう。
そして、なぜ自分にとってショックなのかを考えると新たな発見があるかもしれません。


参考サイト
・アーティストのサイト Martin Klimas
・所属ギャラリーのサイト FLOEY gallery
・アーティストのインタビュー The Morning News "Still Life"
[2008/03/12 23:11] | 奇抜系 | トラックバック(0) | コメント(2) |
爆発!
ツァイグオチャン, Cai Guo-Qiang, 蔡國強
Inopportune: Stage One, Cai Guo-Qiang at Guggenheim NY

車はなびー。

この写真は、グッケンハイム美術館の中です。
天井からワイヤーで車を吊り下げ、車からはネオンの光がピカピカと放たれています。

これは、ツァイグオチャン(Cai Guo-Qiang 蔡國強)の作品。

すごく躍動感があります。

ツァイグオチャン, Cai Guo-Qiang, 蔡國強右の作品なんか特にすごいですよね。

99匹の狼が透明な板に向かって飛び寄り、跳ね返されています。

この狼は剥製に見えますが、実は手作り。




ツァイグオチャン, Cai Guo-Qiang, 蔡國強上記の写真は、ドイツの美術館で展示された時の様子です。

ニューヨークのグッケンハイムでは、スペースの関係上、右のように展示されていました。

天井スレスレ。


彼はもともと、火薬を連続で爆発させるパフォーマンスを行っていました。


まずはご覧ください。


おどろきました??

でもこれは、まだまだ序の口!
イギリスのtate modern で爆発(?)させたり↓、 NYで虹の花火をしたり↓、
ツァイグオチャン, Cai Guo-Qiang, 蔡國強      ツァイグオチャン, Cai Guo-Qiang, 蔡國強



(left: Explosion Project for Tate Modern,2003 right: Transient Rainbow,2002)

他にも、万里の長城、畑の中、クレーン車の上、三宅一生の生地の上、などなどいろんな所で爆発を。

ツァイグオチャンは今年の北京オリンピックの開会式と閉会式のセレモニーを行なうチームにも参加しているそうです。どんな爆発をさせるか楽しみ!


もっと”爆発”をご覧になりたい方は、下記参考サイトのCai Guo-Qiangのページから、
PROJECTS => MEDIA => EXPLOSION と進んでください。
(動画がリンクできなくて。。。。結構見にくいサイトです。)

私のおすすめは、
>万里の長城
・Project for Extend the Great Wall of China by 10,000 Meters: Project for Extraterrestrials No. 10 Jiayuguan, China - 1993
>一瞬です。
・Red Flag Warsaw, Poland - 2005
>建物の側面で。
・Restrained Violence: Rainbow: Project for Extraterrestrials No. 25 Johannesburg, South Africa - 1995
>日本の帯広でも。
・Skybound UFO and Shrine Obihiro, Japan - 2002

どうやら、宇宙人(Extraterrestrials)に対しても何か発信しているみたい。。。

ツァイグオチャン曰く、
アートは、現代システムの秩序に挑戦し、覆すための文化的&刺激的な道具だ!
- art as a tool of cultural provocation aimed at suberting and challenging contemporary sysytem of order -
(from Guggenheim Exhibition Guide)

日常の常識から、解き放たれましょー。

参考サイト
Cai Guo-Qiang Home Page
[2008/03/06 16:15] | 奇抜系 | トラックバック(0) | コメント(3) |
バナナ臭
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター
Installation view, Stefan Sagmeister,
Things I Have Learned In My Life So Far,
@Deitch Projects 76 Grand Street, January 31 - February 23, 2008

どーんと、おおきなサルです。

その左手奥。焦げ茶色に見える壁の正体は何でしょう?


答え。
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスターバナナ、です。 サルとバナナ。定番の組み合わせ。

リアルバナナなので、あたり一体バナナ臭が漂ってました。





Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター展覧会の開始時(つまりバナナが傷む前)、実は右こんな風になっていました。


"SELF-CONFIDENCE PRODUCES FINE RESULTS"
(自信は良い結果を生む)

ステファン・サグメイスターは、オーストリア出身でニューヨークを中心に活動している世界的なグラフィックデザイナー。ローリングストーンズのCDジャケットを手掛けたことでも有名です。彼の創る文章のメッセージには、グラフィックデザイナーとしての彼の考えが表れているように思います。


今回の展覧会では、「見た人と強く繋がりを結ぶことのできるもの」を選んで展示されてありました。
例えば、こちらのアリゾナで撮影された作品。
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター
TRYING        TO LOOK      GOOD      LIMITS      MY LIFE
(良く見せようとすると、自分の人生を制限することになる)
Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター
右の上の段のメッセージは、
EVERYTHING I DO ALWAYS COMES BACK TO ME
(私のしたことは、全て自分に返ってくる)

モノを使ってメッセージを描くところは、バナナの壁と共通していて、彼の作風の一つでしょう。
もっとご覧になりたい方は、YOUTUBE必見です。

Stefan Sagmeister ステファン サグメイスター展覧会にはなかったのですが、スゴ!と思ったものをもう一つだけご紹介。

左の写真はAdobeのコンテストの広告なのですが、このトロフィーは、コーヒーでできています!!

ひとつひとつ、紙コップにコーヒーを注ぎ、牛乳で濃度を調節。
結構時間がかかったので、最初に注いだ方の紙コップがふやけ始め、悲惨なことになったそうです。


こういうことをマジで一生懸命やってるのって、いいですね。



参考サイト
・Deitch Project Stefan Sagmeister Things I have learned In My Life So Far
[2008/02/21 00:24] | 奇抜系 | トラックバック(0) | コメント(1) |
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。