現代アートがワカラナイ秘密
現代アートって、ワカラナイ。良く耳にする言葉です。現代アートが"わかる"ということは、何の説明もなしに「面白い」と感じられること。ここではそのワカラナイ秘密と、説明なしに直観的に「面白い」ものと思える「ワカルちゃう」ものとをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アートフェア
thearmoryshow_1.jpg

3月27日から30日にかけて、ニューヨークではたくさんのアートフェアが開催されていました。

アートフェアとは、世界中からギャラリーが集まり、それぞれのギャラリー毎にブースを持って作品を売るイベントのことです。例えるならば、幕張メッセで開催されているゲームショーやモーターショーのアート版です。

その中でもニューヨークで一番大きな規模を誇るのが、the armory show
世界で2番目に大きいアートフェアです。(一番は、スイスのart basel

thearmoryshow_2.jpg朝から長蛇の列で、一時は、混みすぎのため入場制限。期間中5万人程度が足を運びました。

このアートフェア、どんなギャラリーでも参加できるわけではありません。
それぞれのアートフェアにはそれぞれ審査委員会(commitee)があって、応募されたギャラリーの中から一定のクオリティーを満たすものを選び出します。

the armory showと、art basel はその中でもクオリティーの高い有名ギャラリーのみが参加できることで有名で、ここに参加できたギャラリーには、ある意味、箔が付くことになります。

thearmoryshow_3.jpgアートの業界における、「ギャラリー」の位置づけを説明すると、
音楽業界に例えるならば、芸能プロダクションのようなものです。それぞれのギャラリーには所属アーティストがいて、新しい作品を制作するとギャラリーがその販売プロモーションを主に行います。
だから、審査の内容は主に、どんな作家を取り扱っているか、ということになります。


thearmoryshow_4.jpgこのアートフェア、別に買うつもりはなく、ただ見に行くだけでも面白いです。

世界中のギャラリーが一堂に会しているので、普通なら一軒一軒訪ねて回るところが、デパートのように一気に見られます。一つ難点を挙げるならば、スペースがあんまり広くないので、展覧会ほどの迫力が出せないこと。でも、そのスペースをどんな風にうまく活用するかも、ギャラリーの腕の見せ所。



thearmoryshow_5.jpg4月には、東京でもアートフェアが開催されます。
アートフェア東京
101Tokyo contemporary art fair
ギャラリーに行くのにちょっと抵抗がある人にはおすすめのイベントです。





スポンサーサイト
[2008/03/31 15:11] | ニュース! | トラックバック(0) | コメント(1) |
"高額"な秘密
Damien Hirst ダミアン ハースト
ALL YOU NEDD IS LOVE, Damien Hirst


先週お伝えしていた、(Auction)REDが終了しました。

結果、予想落札金額の総額30億円程度だったのに対して、実際の落札総額46億円($42.5million)。
チャリティーオークションとしても大成功です。

上のハートは、2億6千万円。たかっ。

都内高級マンションと同等の価値。と考えると頭が混乱しますね。



そもそも、なんでアートってそんなにも高い値がつくのでしょうか。
アートを購入する、コレクターと言われる方々に注目してみましょう。

昨年のArtReviewで、アート界に影響力を持つ100人と題した記事が掲載されました。
これは美術館、ギャラリーやアーティストなどアート関係者をすべて含めて、誰が
この業界に一番影響力を持つかをランキングしたものです。

100位以内にランクインしたコレクターは31人。普通に考えても、多いですよね。
他の業界で、これほどまでに特定の"客"が影響力を及ぼすものってあるのでしょうか。

そのコレクターの方々を、一部ご紹介。

1位、フランソワ・ピノー 総資産1.5兆円!($14.5billion by Forbes2007/3/8)
     イヴサンローラン、アレクサンダーマックインなどGucciグループを傘下に
     収めるPPRのオーナー。大手オークション会社クリスティーズの大株主でもある。
     彼の収集した作品は、Palazzo Grassi美術館に展示されています。

5位、エリ・ブロード 総資産6千億円 ($6billion by Forbes2007/3/8)
     不動産業KBHome、巨大金融業SunAmericaで財を成した人物。
     収集した作品は自身の財団the broad art foundationを使って、世界中の
     美術館に貸し出している。

6位、チャールズ・サーチ 一族総資産4千億円 ($3.6billion by Forbes2007/3/8)
     イギリスの広告業界で大成功を収めた人物。ロンドンにサーチギャラリーを構える。
     上記ハートの作者、ダミアンハーストなど若手イギリスアーティストを集めた展覧会
     「Sensation」展で話題を呼び、一躍有名になる。

その他、スティーブン・A・コーヘン(ヘッジファンドguy総資産3千億円)、デヴィッド・ゲフィン(レコード会社経営者 総資産5千億円)、とまぁ、お金には到底困らない方々です。


すべてとは言いませんが、大概のアートは彼らを相手に商売をしており、
いかに彼らの間で売買を行うか、ということで成り立っている世界なのです。

彼らもただ何となく買うというだけで、億単位の作品に手を出すことはできないでしょう。
そこで重要になってくるのが、ウンチクです。

この作品はいかに、歴史上大切なものか、どういう経緯によって出来上がったのかを
売り手は切々と話すのです。それに共感をしてご購入。

付加価値90%の世界です。

アートがウンチク(俗に、文脈)を大切にしているのには、"御客様"の存在、が大きく寄与して
いるものと考えます。
また、コレクターには男性が多いので、女性に比べて理屈好きな男性がウンチクを後押しいているのでしょう。

もちろん、音楽にだって、ファッションにだってウンチクを語る人はたくさんいます。
でもアートほどじゃないでしょう。

アートが音楽みたいに近い存在になったら、どうなるんだろう。
考えると、ワクワクします。

[2008/02/16 21:02] | ニュース! | トラックバック(0) | コメント(0) |
赤、赤、赤
sothebys Auction RED

来週2月14日バレンタインデーに、Sotheby's で(AUCTION) RED と題したオークションが行われます。
これは、U2のBONOなどが始めた(RED)というプロジェクトとのコラボで、売上金はアフリカでエイズに苦しむ人たちを援助する団体the Global Fundにそのまま寄付されます。

このオークションではダミアン・ハースト(一番の若手売れっ子作家)の呼びかけで、そうそうたるメンバーが赤をテーマにした作品を出品しています。

展示方法も凝っていて、見るだけでもかなり満足のいくものでした。

sothebys Auction RED右手上の丸いのが、
村上隆のRed Flower Ball (3-D)
予想落札価格は、$500,000 – 700,000

中央の大きな風船ウサギの絵は、
Jeff KoonsのBalloon Rabbit Wall Relief (Red)
予想落札価格は、$800,000 – 1,200,000


sothebys Auction RED中央のハートは、
Damien HirstのAll You Need is Love
予想落札価格は、$1,000,000 – 1,500,000

(警備のお兄さんが、「これ1millionだぜ!ひとケタ間違ってると思ったよ。」と驚いてました。今、波に乗ってるヒトなのでしょうがないんです。)


sothebys Auction RED中央奥の白っぽく水玉模様の見える作品は、
BanksyのKeep it Spotless
予想落札価格は、$250,000 – 350,000






作品も価格もダイナミック。

その他、アンドレアス・グルスキー、ロバート・ラウシェンバーグやトレイシーエミンなどなど。
日本人作家は、村上隆、杉本博司、安藤忠雄の3人。安藤忠雄は結構意外。

面白かった作家&作品のことは、追ってご紹介します!
[2008/02/06 23:28] | ニュース! | トラックバック(0) | コメント(0) |
|
プロフィール/Profile

ラサ

Author:ラサ
2年間のNY生活を経て、現在、東京在住。日本人の現代アーティストを海外に向けて紹介するサイトAZITOを運営しています。
2000年にNYのギャラリー作品を見て「すごい!」と衝撃を受けて以来、どうにかこの面白さをできるだけ多くの人に伝えたいと思い、日々試行錯誤しています。
このブログの主旨>>

カテゴリー/Category

最近の記事/New Entries

月別アーカイブ/Archive

ブログ内検索/Search


いつも読んで頂いて
ありがとうございます。

★ランキング↓

★ランキング↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


★Online Gallery of
Japanese Contemporary Art↓
Online Gallery of Japanese Contemporary Art AZITO

アート情報/ArtInfo

ブログ/Blogs

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。